TOPICS トピックス一覧

2015年

<<最初へ <前へ 1  2  3  4  5  6 [5/6] 最後へ>>

平成27年度 新入生オリエンテーションキャンプ

掲載日:2015/04/30カテゴリー:イベント

orichan201504.jpg

吹奏楽部定期演奏会のお知らせ

掲載日:2015/04/30カテゴリー:イベント
定期演奏会のお知らせ
 
拓殖大学第一高等学校吹奏楽部
 
           記
 
日時 : 2015年6月13日(土)  
              17:30開場 18:00開演
 
会場 : 煉瓦ホール (日野市民会館) 
     ※入場無料です
     
曲目  『アルメニアン・ダンスパートⅠ/A.リード』
    『民衆を導く自由の女神/樽谷雅徳』 etc
     Ⅲ部テーマ → アニメ
以上
 
吹奏楽部の全力を尽くして素晴らしい演奏会にします。
演出など含めてお楽しみください。
 
たくさんの方々のご来場を心よりお待ちしております。

平成28年度の教育実習の申し込み

掲載日:2015/04/25カテゴリー:お知らせ
平成28年度の教育実習の申し込みは終了しました。
後期は設けておりませんので、ご了承下さい。
 

平成27年度 入学式

掲載日:2015/04/08カテゴリー:祝い事
平成27年度 入学式 告辞
                         拓殖大学第一高等学校
                         校 長 河田 昌一郎
 
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
保護者の皆様にも、お子様のご入学を心よりお祝い申し上げます。
希望に満ちたこれからの高校3年間の生活を、愉快に有意義に送って欲しいと心から願っています。
私たちは、若い生徒諸君を未来(の国)からの留学生と呼んでいます。将来どんな場面に遭遇しても前向きに生きていける逞しい力と智恵を持ったタフな大人になることを願っています。
「正直」で「親切」で「思いやり」を持ち、人の役に立つ人間になって下さい。
5,840日。何だと思いますか。
今、16歳のあなたが、生まれてから過ごして来た日数です。なんだ、たった5,840日と思うか、どうかは、あなた方次第です。
あなたは40歳になった自分を想像できますか。その頃いったい、どんな生活をし、何をしているでしょうか?
皆さんは、「そんな先のことは」と言うでしょうが、月日の経つのは早く、過ぎてみればあっと言う間です。人生の花が咲きはじめるのは40歳頃からで50代半ばが盛りです。皆さんのご両親の年齢の頃で家庭に、仕事に責任を持ち、社会に貢献している年齢です。体力・気力が最も漲ぎって、張り切っている時です。今からその24、5年後に照準を合わせ、良き友と切磋琢磨し、良き師の指導を受け、立派な社会人になって欲しいと思います。その意味から皆さんを未来からの留学生と呼ぶのです。そのために学業はもとより、クラブ活動やボランティア活動に積極的に参加するなど、スポーツに読書に音楽、芸術など、あらゆることに、これから一所懸命に取り組み、自分を鍛えましょう。
人とのコミュニケーション能力を高め、若者らしく伸び伸びと明るく、楽しい学園生活を送って下さい。そして、「何か手ごたえ」のあるものを、しっかりと掴んで卒業していって欲しいのです。
拓大一高で学ぶ16歳から18歳までの3年間、日数にして1,095日の経験が充実したものであるかどうかで、これから先の諸君の人生が大きく変わります。「自分の過去は変えることが出来ませんが、未来は(自分の力で切り開き、)変えることが出来ます。」
その意味で一日一日の精進の積み重ねがとても大切になってきます。学校を一日も休むことなく、遅刻することなく、卒業まで全員皆勤を目指しましょう。きっと良いことがあります。登校したら笑顔で、友だちや先生に「おはようございます」と大きな声で挨拶しましょう。こう言うと何を小学生扱いにして、私はもう高校生だよと言いたくなるでしょうが、挨拶は人間関係を良くする上で最も大切で、明るい社会を築くための基本となるものです。年齢に関係なく、誰もが積極的に実行しなければならぬことです。明るく、礼儀正しく、態度が立派であれば必ず人に好感を持たれます。拓大一高の生徒はよく挨拶をする、そして、ちょっと品が良いと来校される方々からお誉めの言葉を頂いています。とても嬉しく誇らしいことです。
本校の「心身共に健全で、良く勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」との教育方針が、昭和35年4月東恩納寛惇第四代校長によって定められましたが、今日まで長く卒業生から引き継がれ、今も在校生によって良く守られ、本校の美風(自慢の校風)となっています。きょうから皆さんは、その仲間になったのです。爽やかな挨拶を励行しましょう。本校の校歌は、拓殖大学、拓殖大学北海道短期大学、と同一です。私立学校はどこも創立者の熱い思いと建学の精神があります。
拓殖大学は、西暦1900年に創立されました。「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為の人材を育成する」と言う建学の精神が、校歌第三節の歌詞に「人種の色と地の境、我が立つ前に差別なし」に良く表わされています。校歌が制定されたのは、今から96年前の大正8(1919)年のことです。第一次世界大戦が終わり国際連盟が設立されましたが、当時は白人が絶対の優位で、有色人種は支配、搾取されて当たり前と言う、帝国主義の時代でした。(パリ講和会議で)日本は「人種差別の撤廃」条項を国際連盟憲章に盛り込むことを提案しましたが、当時もアメリカは深刻な人種問題を抱えていたからでしょうか? 議長国であるアメリカの強い反対にあって実現することが出来ませんでした。実に残念なことでした。この人種差別撤廃の主張と本学の建学の精神を表わす校歌は、本質を同じくするものです。今日、社会は一見進歩したように見えますが、実は現代の社会にあっても人種、宗教による差別は今も、なくなっていないことが、連日のニュースで数々報道されていることは、ご承知の通りです。世界平和実現のため、この人類の大理想がこめられている校歌を我々オール拓大人は、誇りとして大切にし、歌っています。難しい歌詞ですが辞書を引き意味も理解して、歌えるようになって下さい。そして、是非、皆さんにも、この世から差別を無くす心を本校で養ってもらいたいと思います。思ってもみない理不尽なことが起こるのが現実の社会です。当たり前と思っていることが、急にそうでなくなることが多々あります。
4月4日近畿大学の入学式で音楽プロデューサーつんくさん(46歳)が、公表した声帯摘出のことと後輩へのメッセージに心が震えました。
この入学式のプロデュースを担当されたつんくさんのメッセージが、会場のモニターに映し出され、壇上に登場しました。すでに知っている人もあると思いますが、ここでその要旨を紹介します。
入学おめでとうございます。なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることが出来ないのか。それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきましたが、結果的にがん(癌)が治りきらず、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです。
そんな私に「近畿大学の入学式のプロデュースをお願いしたい。」と依頼がありました。その時に思いました。「ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう。」私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来ること。こんな私にしかできないこと。そんなことをこれから考えながら生きていこうと思います。皆さんもあなただから出来ること。あなたにしかできないこと。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりでは無理なんだ、という人生が待っていると思います。
仲間や友人をたくさんつくり、世界に目を向けた人生を歩んで下さい。私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んでいきます。
「ああ 良かった」と思える大学生活をセルフプロデュースして下さい。そして、今日のこの出会いに感謝します。ありがとう。」
 ものすごくインパクトの強いメッセージで新入生は、ショックを受けたでしょうが、同様に何があっても頑張らなければと言う、前向きな気持ちで運命を受け入れることが大切です。この場にあった新入生は、心が奮い立ったことでしょう。
入学式にあたり、「学校に誇りをもち 自分を大切に日々精進・努力し 差別しない心を養い 良き友人と交わり 将来、立派な大人になって欲しい」と申し上げました。
 どうぞ、実り多い学園生活を送って下さい。
最後になりましたが、本日ご多忙の中、ご臨席賜りましたご来賓の皆様にも、新入生をはじめ本校の生徒諸君を引き続き温かく、お見守り下さいますようお願い申し上げます。

武蔵村山市村山学園「上級学校見学・高校生の話を聞く会」

掲載日:2015/03/17カテゴリー:入試
昨年に引き続き、3月16日に武蔵村山市立小中一貫校村山学園の第7学年(中学1年)の生徒約70名と齋藤校長先生以下5名の先生方が来校されました。
最初に、5つのグループに分かれて校内見学を行いました。エントランスホール、カフェテリア、図書室、サテライト教室、体育館と教員からの説明を聞きながら、熱心に見学してくれました。残念ながら、当日は2年生が修学旅行中なので、いつもよりかなり静かな学校内を見学していました。
次に武蔵村山市の中学校の卒業生4名から、高校での勉強、クラブ活動、行事について話があり、どの生徒さんも真剣に4人の話を聞いてくれていました。質疑応答では、「いつから高校受験の勉強をしたのか。」など具体的な質問がありました。
 約1時間という短い滞在時間でしたが、地元の学校ということで今日の機会をきっかけにして、文化祭など拓大一高に遊びに来てほしいと思いました。

平成26年度 第66回卒業証書授与式

掲載日:2015/03/16カテゴリー:祝い事

平成27年3月3日(火)

第66回卒業証書授与式が行われました。

►►►詳細は下記関連資料のPDFファイルをご覧ください。

1年生特別授業開催

掲載日:2015/03/13カテゴリー:お知らせ

1年生の特別授業を 3月9日から18日まで実施しました。

理系・文系に分かれての授業と演題「災害から学ぶもの」の講演が行われました。

 

講演者 東京消防庁 北多摩西部消防署 髙山 幸夫副署長

演 題 「災害から学ぶもの」

日 時 平成27年3月11日(水)  13時10分から

►►►詳しくは下記関連資料のPDFファイルをご覧くさい。

 

                 

関連資料:kouen2015-3.pdf

吹奏楽部演奏会のご案内

掲載日:2015/03/12カテゴリー:お知らせ
演奏会出演のご案内
 
拓殖大学第一高等学校 吹奏楽部
 
                  記
 
 第5回 ブラスの祭典
(明治大学付属明治高等学校吹奏楽班ジョイントコンサート)
 
 日時:3月22日(日)13時00分開場  13時30分開演
 場所:明治大学付属明治高等学校内 鵜澤総明ホール(上履きをご持参ください)
 曲目:拓殖大学第一高等学校  交響曲2番 アーノルド作曲
                アナと雪の女王 シンフォニックハイライト
などを演奏する予定でおります。
                                        以上
 
たくさんの方々のご来場を心よりお待ちしております。
 
►►►詳しくは下記関連資料のPDFファイルをご覧ください。

図書臨時職員募集

掲載日:2015/03/05カテゴリー:お知らせ

図書臨時職員を募集します。

詳細は、下記PDFをご参照下さい。

関連資料:boshu2015-3.pdf

平成26年度 合唱コンクール開催

掲載日:2015/02/18カテゴリー:イベント
平成26年度合唱コンクール開催
 
平成27年2月4日(水)に八王子オリンパスホールにて本校の合唱コンクールが行われました。外部の施設を借りての合唱コンクールは今年で二回目になります。午前中に二年生、午後に一年生が演奏しました。各クラス素敵な歌声を披露するだけでなく、趣向をこらしたクラス紹介を行っていました。
また、当日は保護者の方々が500人以上来場していただきました。保護者の方に書いて頂いたアンケートには「さすが、高校生の合唱だ」・「各クラスの努力がとてもよく伝わってきた」などの感想が目立ちました。
 
 
【2年生】   1位 2年 4組 「ありがとう」
          2位 2年 8組 「青葉の歌」
          3位 2年 7組 「虹」
 
【1年生】   1位  1年 4組 「君とみた海」
          2位 1年14組 「走る川」
          3位 1年 5組 「ヒカリ」

<<最初へ <前へ 1  2  3  4  5  6 [5/6] 最後へ>>

拓殖大学第一高等学校 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南4-64-5 TEL 042-590-3311 (代表) FAX 042-590-3211
COPYRIGHT(C) Takushoku University Daiichi High School. ALL RIGHTS RESERVED.