TOPICS トピックス一覧

祝い事

1  2  3  4 [1/4] 最後へ>>

サッカー部選手権 都大会出場決定

掲載日:2017/08/28カテゴリー:祝い事
サッカー部 選手権 都大会出場決定
 
8月16日~20日に行われました「第96回全国高校サッカー選手権大会」において、約320校が参加する東京都大会1次予選でブロック優勝し、10月中旬から行われる2次予選(都大会)への出場が決定しました。
 
<試合結果>
(ブロック1回戦)
8月16日 ○ 拓大一 4-2 都・目黒 ● 
(ブロック2回戦)
8月18日 ○ 拓大一 2-1 京華 ●
(ブロック代表決定戦)
8月20日 ○ 拓大一 6-1 青稜 ●
※試合会場は3試合すべて拓大一高で行われました。
 
多くのご声援、ありがとうございました。
都大会でも謙虚に頑張ります。

平成29年度 入学式

掲載日:2017/04/26カテゴリー:祝い事
平成29年度 入学式
 
  平成29年度入学式が4月7日に挙行されました。当日の式次第に従って、宮川 努校長の告辞
並びに福田勝幸理事長の祝辞(何れも抜粋)を掲載します。
 
(抜 粋)
拓殖大学第一高等学校は、昭和23年小平市花小金井に開設され、平成16年4月、ここ武蔵村山   市玉川上水に移転し、今年で14年目を迎えます。
「心身共に健全で、よく勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」を教育方針とし、先輩諸氏   のたゆまざる努力の結果、よき伝統を形成しつつ、今日に至っています。
具体的に申しますと、
1.自分の夢(将来の進路)の実現のため、何事にも辛抱強く継続して取組む
2.自分の可能性を見出し、学業や学校生活に自ら課題意識を持って取組む
3.外国語や多様な価値観を有する人々とのコミュニケーションに興味や関心をもって積極的に  取組む
4.学校行事やクラブ活動を通し、礼儀や協調性を学び、最後まで挑戦する
てす。
みなさんは、勉強、行事、クラブ活動、学校生活に高い目標をもって取組んでくれると期待してい     ます。高い目標を達成するには、努力を積み重ね、継続することが何よりも大切であり、それが如何     に難しいことであるか、一番皆さんが分かっていると思います。
しかし、人の2倍3倍努力することはとても辛いことですが、辛抱強く、努力を積み重ね、自分の     限界を超えて努力することは誰にでもできることであると、覚えておいてください。
最後になりましたが、高校生活は、お子様が責任ある社会人として自立していく過程において、非    常に大切な時期です。
私たち教職員一同は、お子様の将来の夢や希望の実現のため、全力を尽くして支援してまいりますが、教育はご家庭のご理解とご協力があってこそ実現できるものです。
どうぞ本校の教育にご理解とご協力をいただきますとともに、あたたかなご支援をいただけますよ うお願いを申し上げまして、私の告辞といたします。
                                        第一高等学校
                          校 長 宮 川  努
 
 
  (抜 粋) 
  新入生の皆さんにまず第一に、この3年間の高校生活を通じて、自分の存在や社会との関わりということを考えてほしいと思います。
 皆さんは、お一人お一人、ご両親、そして更におじいさん、おばあさんと尊い命でつながっております。また皆さんにはご両親が期待を込めて名付けてくれたお名前があります。
  高校生になるということは、このように自分の存在や社会との関わりというものを考えながら、自分の将来を探し求め、挑戦することです。
 二番目に申し上げたいことは、この3年間でしっかりと基礎学力を身に付けてほしいということです。
 大学での勉強は、将来社会に出て役に立つための職業に直結する専門的な勉強です。そのためには何よりも国語や数学、社会などの基礎学力の修得が欠かせません。
 この基礎学力がなければ、大学での勉強は勿論のこと、社会に出てからも大変な苦労を味わうことになります。基礎学力を丁寧に教えてくれるのは高校生までです。
最後になりますが、拓殖大学並びに第一高等学校にも学校名に込められた皆さんに対する期待と願いがあります。
 拓殖大学は、今から117年前の1900年明治33年に台湾協会学校として、日本の国内では最初の国際人、グローバル人材の育成を目的としてできた学校です。
3年後の2020年東京オリンピックの年に創立120周年を迎えますが、現在の建学理念でもあります「国際的視野を持ち、国の内外で何事にも積極的にチャレンジし、活躍する拓殖人材の育成」を目指した「教育ルネサンス事業」を展開しているところです。
第四代校長 東恩納寛惇先生が掲げた「心身共に健全で、よく勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」という教育方針に則り、教職員一丸となって教育活動に取り組んでおります。
 新入生の皆さん、どうぞ3年間、健康で充実した高校生活を送って下さい。またご参列のご両親をはじめとする皆様には、どうぞ本学の教育方針をご理解の上、ご協力とご支援の程お願い申し上げ、私の祝辞といたします。
                             学校法人 拓殖大学
                             理事長 福 田 勝 幸

チアダンス部 アメリカ報告

掲載日:2017/04/06カテゴリー:祝い事
3月25日 アメリカのロザンゼルスで行われました「ミスダンスドリルチームインターナショナルUSA」に出場致しました。
アメリカのチームと共にJAZZ部門に出場し、2位に入賞致しました。
3月21日の記念公演にも多くの方にご来場頂き、誠にありがとうございました。
 
今後とも練習に励んでいきますので、応援宜しくお願い致します。
 
拓殖大学第一高等学校
成田幸恵

平成29年3月3日 「平成28年度 卒業証書授与式」挙行

掲載日:2017/03/21カテゴリー:祝い事
平成29年3月3日 「平成28年度 卒業証書授与式」挙行
 
平成28年度(第68回)卒業証書授与式
 
(抜 粋)
 ご卒業 おめでとうございます。 そして保護者の皆様にもお祝い申し上げます。親御さんとしての務めを果されて、少しホッとなさっておられるところだと思います。
 卒業生の皆さんは、うかつにも気づかず自分の力で卒業したと思ったりしていませんか。無事に卒業できたのは、ご両親やご家族、学校(幼 小 中 高)の先生方に温かく見守られてきたからこそ、順調にこの日を迎えられたのだと感謝し、その恩を思う日であって欲しいと思っています。今までは、温室の中に居たようなものです。本日、高校を卒業すると言うことは、その温室を出て、これから厳しい世間の冷たい風や雨にさらされることになりますが、覚悟して、逞しく歩んで行って下さい。それが輝かしい自立したあなたの人生の出発なのです。
東日本大震災から6年目を迎えようとしていますが、当たり前と思っていた日常が、一変する状況を見て知ったことで、より一日一日を大切に過ごす大事さを我々は学びました。
 皆さんが社会人となり40代から50代の始めぐらい、丁度、ご両親の年齢になった頃の自分を想像して見て下さい。人生で一番油の乗った、家庭でも社会においても責任ある年代です。果して充実した円満な生活を送っていると思いますか。
 25年程先の社会は、大きく変貌していることは確実です。2014年、オックスフォード大学のオズボーン准教授が、今後20年以内にITの影響によって米国の702の職業の約半分が失われる可能性があると発言しましたが、それが今日、現実になりつつあります。人工知能、ロボット、ドローンなどの科学技術が目覚しく発達し、変化のスピードは一層加速しているように思います。機械化、電子化が進めば進む程、無機質な社会にならざるを得ません。ですから人の尊厳を守るために成さねばならぬことは、人が人らしく人間性豊かに暮らしていくことです。ひとへの思いやりが大切になってきます。その心を育むのが、この高校生活での経験やこの先の学生生活なのだと思います。
「学校に誇りをもち、差別の無い心を養い、自分の価値に気づき、そして、良き師、良き友人と交わり、自立して将来に備えよう」と入学式の時に申し上げました。その様に努力した3年間(1096日)でしたでしょうか。
  みなさんには、いつもいつまでも拓大一高の校歌を口づさんで頂きたいのです。人を差別しないいかなる困難があろうと自らの道を探し、切り開いて進んで行くこと。決してあきらめない。必ず花が咲き、実りがあります。拓殖大学の建学の精神が校歌の歌詞に込められています。
 本校の「心身共に健全でよく勉強し素直で思いやりある青年を育成する」と言う教育方針は、心も身体も明るく健やかに、素直に人の言葉に耳を傾け思いやりある心で人に接し、行動する。そして、生きる智恵を学び続け社会の一員として大切な役割を積極的に荷負うこと。実にシンプルですが、年を経れば経る程、この言葉のありがた味が分ってきます。幸せな人生を送る上での秘訣を示唆しています。
昨年、法改正があり、皆さんが3年生の時に18歳選挙権を得ました。皆さんを社会が大人として認めたのです。この世の中を明るく、豊かに支える力強い一員になって下さい。活力ある若者が、より良い社会に変えていく原動力であることは、これまでの歴史が証明しています。大人としての自覚を持って、自分の役割をしっかり認識して、これからは、めいめいご自分の立ち位置でしっかり考え、責任ある行動をとって下さい。そのためには、知識が大事です。しかし、知識だけでは役に立ちません。それでは所謂「論語読みの論語知らず」になってしまいます。生きていく上での智恵が必要です。得た知識に熱意と工夫を掛け算し、正しい情報を集め分析し、評価・判断し、考える。それが「見識」ある態度と言えます。そして、物事を判断し、自分なりに結論を出したら、それを実行する勇気と行動力、決断力を発揮して、実社会に役立たせなければ意味がありません。その実行力を胆識と言います。知識、見識までなら単なる評論家で終ってしまいます。「胆識」を持った実践者になって下さい。それが出来る人が真のリーダーなのです。社会のリーダーとして活躍して下さい。
  終りになり 恐縮ですが、ご来賓の皆様には、ご多忙の中、ご列席を賜り、卒業生の門出を共にご祝福下さり、心より感謝申し上げます。今後とも本校の発展と、この前途洋々たる卒業生諸君の将来を温かく、お見守り下さいますようお願い申し上げます。
拓殖大学第一高等学校
校 長 河田 昌一郎

「チアダンス部アメリカ大会出場記念公演のおしらせ」

掲載日:2017/02/13カテゴリー:祝い事
「チアダンス部アメリカ大会出場記念公演のおしらせ」
 
本校チアダンス部が、夏の全国大会にて優勝し、3月にアメリカで行われます「ミスダンスドリルチーム インターナショナルUSA」という世界大会にJAZZ部門日本代表として出場することになりました。アメリカ出発前に本校にて大会の演技を含む3演技を披露する記念公演を行います。ご多忙の時期とは思いますが、応援して頂けると幸いです。また、ダンスに興味のある中学生の生徒さんがいらっしゃいましたら、この機会にチアダンス部の演技を見ていただきたいと考えております。お手数お掛け致しますが、参加希望の生徒さんは3月14日(火)までに本校までEメール(s-narita@takuichi.ed.jp)までお申し込みください。
             記
 
日 時:  平成29年3月21日(火) 16時30分から17時
       アメリカ大会の演技を含む、今年度の大会演技3つを踊ります。
場 所:  本校 体育館
       申し込み先:チアダンス部顧問 成田幸恵
       Eメール s-narita@takuichi.ed.jp 
                     電話番号:042-590-3311(代)/042-590-3338(直)
 
詳細は、下記PDFをご覧ください。
関連資料:チアダンス部.pdf

平成28年度 入学式

掲載日:2016/04/18カテゴリー:祝い事
平成28年度 入学式 告辞
 
拓殖大学第一高等学校
校 長 河田 昌一郎
 
新入生の皆さん ご入学おめでとうございます。
保護者の皆様にも、お子様のご入学を心よりお祝い申し上げます。
5475日、何んの数字だと思いますか? これは、15歳のあなたが生まれてから高校生になった15年間を日数にしたものです。日数にすると短く感じられますね。これからの高校生活3年間は、日数に換算すると、わずか1095日ばかりです。ですから、これからの一日一日を大切に意識して送って頂きたいのです。ボーと過ごしても一日、もったいないじゃありませんか。
学業はもちろんですが、クラブ活動やボランティア活動そして行事などに意欲的に取り組んでください。目先の大学進学だけでなく、皆さんには、その先の社会人となって家族を守り、世のため他人のために役に立つ存在感のある逞しい人になって戴きたいのです。
皆さんが社会で活躍する20年、30年先、丁度、ご両親と同じ年代になっている頃でしょうが、科学技術の進歩は更に加速し、人の仕事の単純作業の殆どは、ロボットがするようになっていることでしょう。また、人工知能の研究も一層深まり2045年には、人間の知能を人工知能が超えると云われています。人が何もしなくても、人工知能が考え、ロボットが作業する。そんな時代が来るからこそ、人間らしく生きることが重要になります。機械に無いものが人の感情です。「喜怒哀楽」特に、笑いと涙は大切です。「思いやり」「助け合いの心」「やさしさ」を育み、コミュニケーション能力を高め、人間的に温みのある立派な厚みのある人になって頂きたいのです。その人間性の基礎を作るのが、これからの高校3年間なのです。青春前期は人格形成の上で、とても意味のある大切な時間です。
本校の話をします。 皆さんは、2141名の多くの志願の中から選ばれた412名の諸君です。単に数多くの受験生から選抜されたと言うだけではなく、歴史と伝統ある本校に入学したことに誇りと自信を持って下さい。
私立学校には、それぞれ創立者の思いと「建学の精神」があります。拓殖大学は、19世紀の終わり、明治33年、西暦1900年に明治の元勲、総理大臣を3度務められた桂 太郎公爵によって「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為の人材を育成する」ことを目的に創立されました。この精神は校歌の歌詞に込められています。
校歌は、大正8(1919)年の創立20周年を記念して制定されました。特に、校歌の三番「人種の色と地の境、我が立つ前に差別なし」は、人類の永遠の理想を唱い挙げています。現在の社会に於いても越え難い人種差別の壁ですが、校歌が制定された当時は、白人優位の世界であり、有色人種は支配され、搾取されて当たり前と云う帝国主義の時代でした。第一次世界大戦が終わり国際連盟が結成された時、世界から争いを無くすためには、憲章に「人種差別撤廃条項」を盛り込むことが必要と日本が提案し、賛成多数を得たのですが、米国、豪州など白人列強の強い反対で、実現は成りませんでした。本学校歌の言わんとする処は、この主張と一致するものです。国際連盟の事務局次長として活躍し、世界の人々から尊敬された、新渡戸稲造博士は、拓殖大学第二代学監でした。
学校法人拓殖大学の設置校である拓殖大学、拓殖大学北海道短期大学、拓殖大学第一高等学校の校歌は同じです。制定されて97年経ちますが、言葉は一向に色あせるどころか光り輝いています。真言だからです。私たちオール拓大人は、誇りにしています。難しい歌詞ですが辞書を引き意味も理解して、一緒に胸を張り大きな声で歌いましょう。
本校の「心身共に健全で、良く勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」との教育方針は、東恩納寛惇第四代校長によって定められました。今、良く守られ本校自慢の美風となっています。明るくて、礼儀正しく、態度が立派であれば、必ず人に好感を持たれます。拓大一高の生徒はよく挨拶をする、落ち着きがあると、近隣の人や来校される方々からお誉めの言葉を頂いています。とても嬉しいことです。
純粋で熱血多感なこの高校時代に「一生の宝」となる善き友人と出会って下さい。学生時代の友は、利害損得なく付合いますから、生涯の友となります。クラブ活動にスポーツに読書に音楽、芸術、ボランティア活動などを共に積極的に楽しみ熱中し、「何か手ごたえ」のあるものをしっかりと掴んで高校を卒業して欲しいと思います。学力はもちろん大事ですが、社会生活を送る上では、「人柄」や「心身の健康」と「素直な心」が一層大切です。一日も休むことなく皆勤で、元気に愉快に通学して下さい。登校したら笑顔で、友だちや先生に「おはようございます」と大きな声で挨拶しましょう。こう言うと皆さんは、子供扱いするな、と思うでしょうが、いいえ、挨拶は人間関係を良くする上で最も大切で、基本となるものです。明るい一日の始まりには、特に必要です。
本校では、態度の教育を重視します。「人間力」の養成が実生活では重要だと思うからです。
新入生の皆さん、今日からの高校生活は、将来に備え魅力ある人になるための新たなスタートです。「過去と他人は変えられないが、未来と自分は変えられる」と言います。いつまでも過去を悔んでいたり、自慢していてもはじまりません。肝心なことは、今現在、そして将来を「志」を持って生きることです。私たち教職員は皆さんの夢の実現のために全力で応援します。
最後になりましたが、ご来賓の皆様には日頃より本校を応援して下さり、ご多用の中、本日もご臨席賜りまして、誠にありがとうございます。これからも学校並びに生徒諸君の前途を温かくお見守り下さいますようお願い申し上げ、新入生への激励と歓迎の言葉と致します。
(平成28年度 入学式 告辞より抜粋)

平成27年度3月3日「拓殖大学第一高等学校卒業式」

掲載日:2016/03/07カテゴリー:祝い事
平成27年3月3日「拓殖大学第一高等学校卒業式」
 
平成27年度 卒業証書授与式 告辞
 
拓殖大学第一高等学校
校 長 河田 昌一郎
(抜 粋)
人は一人では生きられません。人は孤独に弱く、集団でなければ暮らしていけません。十人十色と云う言葉がありますが、みんな顔、形が違うように人それぞれ性格も個性も意見の違いもあります。調和し、助け合いがあって社会生活が成り立っているのです。「俺が俺が、私が私が」ではいけません。ゆずりあい、寛容、思いやりの心が必要です。
 コミュニケーション力を高め、人との出会いや「縁」に感謝し、人を大切にする訓練の場がこの3年間の高校生活でした。
 充実した高校生活を送ることができましたか? 満足な人も不完全燃焼と感じる人もいると思いますが、いよいよ、きょう卒業です。当り前のことですが、卒業は終了ではなく、新しいステージへの始まりです。これまでの高校での経験を生かして次の更に大きい舞台で一層努力し、頑張って将来に備えて下さい。そして、社会人となり日本の次世代を牽引するリーダーとして活躍されることを心から期待しています。
 本校校歌の歌詞の3番「人種の色と地の境 我が立つ前に差別なし」は人種差別を無くそうと云う人類永遠の理想を唱い挙げています。 校歌が制定されたのは、大正8(1919)年、第一次大戦が終った頃で、その時代はまだ白人が世界を支配し、有色人種を人とも思わぬ時代でした。制定されてから97年経ちますが、未だに人種差別意識は改められていません。一向に古くないどころか益々今日、輝いて色あせていません。この理想を実現し、世界平和のため我々は力を合わせ功貢していきましょう。
江戸時代の儒学者佐藤一斎(弟子:佐久間象山、山田方谷、渡辺崋山、横井小楠)が著した、「(言志四録の三)言志晩録」に「少にして学べば則ち壮にして為すことあり 壮にして学べば則ち老いて衰えず 老いて学べば則ち死して朽ちず」とあります。本当にそうだと思います。学校で教科書を学ぶだけが勉強ではありません。人間が生きていくために真に必要な「人間学」を終生学んでいくことが大切です。これからもお互いに生涯学び続け、精進していきたいものです。
 公職選挙法が改正され、18歳から選挙権が与えられることになりました。これまでは、20歳が大人と云うことで成人式がありました。みなさんは大人になるまで、まだ2年あると思っておられたことでしょうが、選挙権を得て社会がみなさんを大人に仲間入りさせたのです。そのことを自覚し、好機と、しっかり受け止め、この世の中を支える力強い一員になりましょう。若者が社会を変えていく原動力であることは、これまでの歴史が証明しています。
 諸君は21世紀の世界を生き抜き、支えていく皆さんです。その意味で、いつも申し上げているように、私たちは諸君を未来(将来)の世界からの留学生と呼び、大切に思い期待しているのです。
 高い志を持ってこれからの人生を歩んでいって欲しいと心から願っています。
 人は、天からそれぞれに使命を与えられてこの世に生まれてきたのだと確信します。みなさん一人ひとりの行動が社会を良くも悪くもするのです。それぞれの使命をご自分で見つけてその大事な役割を果たしてください。
 卒業記念誌「鼓動」に私の好きな言葉を書きましたが、拓殖大学第3代学長後藤新平先生の言葉を重ねて贈ります。「人のお世話にならぬよう 人のお世話はするよう そして報いを求めぬよう」。この先、楽しく嬉しい良いことがたくさん待っています。同時に辛い苦しい悲しいことも様々あることでしょう。大切なことは、何があっても「心に太陽を」で、笑顔で人生を送って下さい。苦しい辛い経験程役立つものはありません。決して逃げないでください。自分を成長させる糧になるのです。自立して社会の役に立つ、立派な大人に成長して下さることを信じています。
思い出したらいつでも皆さんの「心のふるさと」母校「拓大一高」を訪ねて下さい。我々は仲間です。決して孤独ではありません。みなさんの幸せを心から祈っております。

「税に関する高校生の作文」 立川税務署長賞受賞

掲載日:2015/12/10カテゴリー:祝い事

hyoushou201512.jpg

第11回「私のしごと」作文コンクール受賞者

掲載日:2015/10/17カテゴリー:祝い事

第11回「私のしごと」作文コンクールについて

1)入 選 横田佳都(ヨコタケイト 1-9-22)

テーマ 私の理想とする職業人

2)優秀団体賞 拓殖大学第一高等学校

 

参考:NPO法人仕事への架け橋が主宰し、高校生や高等専修学校生の「仕事力」と「文章力」を競う作文コンクールに、今年は全国から3214編の作品が寄せられました。その中から本校生徒1名が「入選」しました。また、本校が「優秀団体賞」を併せて受賞しました。

 

平成27年度 入学式

掲載日:2015/04/08カテゴリー:祝い事
平成27年度 入学式 告辞
                         拓殖大学第一高等学校
                         校 長 河田 昌一郎
 
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
保護者の皆様にも、お子様のご入学を心よりお祝い申し上げます。
希望に満ちたこれからの高校3年間の生活を、愉快に有意義に送って欲しいと心から願っています。
私たちは、若い生徒諸君を未来(の国)からの留学生と呼んでいます。将来どんな場面に遭遇しても前向きに生きていける逞しい力と智恵を持ったタフな大人になることを願っています。
「正直」で「親切」で「思いやり」を持ち、人の役に立つ人間になって下さい。
5,840日。何だと思いますか。
今、16歳のあなたが、生まれてから過ごして来た日数です。なんだ、たった5,840日と思うか、どうかは、あなた方次第です。
あなたは40歳になった自分を想像できますか。その頃いったい、どんな生活をし、何をしているでしょうか?
皆さんは、「そんな先のことは」と言うでしょうが、月日の経つのは早く、過ぎてみればあっと言う間です。人生の花が咲きはじめるのは40歳頃からで50代半ばが盛りです。皆さんのご両親の年齢の頃で家庭に、仕事に責任を持ち、社会に貢献している年齢です。体力・気力が最も漲ぎって、張り切っている時です。今からその24、5年後に照準を合わせ、良き友と切磋琢磨し、良き師の指導を受け、立派な社会人になって欲しいと思います。その意味から皆さんを未来からの留学生と呼ぶのです。そのために学業はもとより、クラブ活動やボランティア活動に積極的に参加するなど、スポーツに読書に音楽、芸術など、あらゆることに、これから一所懸命に取り組み、自分を鍛えましょう。
人とのコミュニケーション能力を高め、若者らしく伸び伸びと明るく、楽しい学園生活を送って下さい。そして、「何か手ごたえ」のあるものを、しっかりと掴んで卒業していって欲しいのです。
拓大一高で学ぶ16歳から18歳までの3年間、日数にして1,095日の経験が充実したものであるかどうかで、これから先の諸君の人生が大きく変わります。「自分の過去は変えることが出来ませんが、未来は(自分の力で切り開き、)変えることが出来ます。」
その意味で一日一日の精進の積み重ねがとても大切になってきます。学校を一日も休むことなく、遅刻することなく、卒業まで全員皆勤を目指しましょう。きっと良いことがあります。登校したら笑顔で、友だちや先生に「おはようございます」と大きな声で挨拶しましょう。こう言うと何を小学生扱いにして、私はもう高校生だよと言いたくなるでしょうが、挨拶は人間関係を良くする上で最も大切で、明るい社会を築くための基本となるものです。年齢に関係なく、誰もが積極的に実行しなければならぬことです。明るく、礼儀正しく、態度が立派であれば必ず人に好感を持たれます。拓大一高の生徒はよく挨拶をする、そして、ちょっと品が良いと来校される方々からお誉めの言葉を頂いています。とても嬉しく誇らしいことです。
本校の「心身共に健全で、良く勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」との教育方針が、昭和35年4月東恩納寛惇第四代校長によって定められましたが、今日まで長く卒業生から引き継がれ、今も在校生によって良く守られ、本校の美風(自慢の校風)となっています。きょうから皆さんは、その仲間になったのです。爽やかな挨拶を励行しましょう。本校の校歌は、拓殖大学、拓殖大学北海道短期大学、と同一です。私立学校はどこも創立者の熱い思いと建学の精神があります。
拓殖大学は、西暦1900年に創立されました。「積極進取の気概とあらゆる民族から敬慕されるに値する教養と品格を具えた有為の人材を育成する」と言う建学の精神が、校歌第三節の歌詞に「人種の色と地の境、我が立つ前に差別なし」に良く表わされています。校歌が制定されたのは、今から96年前の大正8(1919)年のことです。第一次世界大戦が終わり国際連盟が設立されましたが、当時は白人が絶対の優位で、有色人種は支配、搾取されて当たり前と言う、帝国主義の時代でした。(パリ講和会議で)日本は「人種差別の撤廃」条項を国際連盟憲章に盛り込むことを提案しましたが、当時もアメリカは深刻な人種問題を抱えていたからでしょうか? 議長国であるアメリカの強い反対にあって実現することが出来ませんでした。実に残念なことでした。この人種差別撤廃の主張と本学の建学の精神を表わす校歌は、本質を同じくするものです。今日、社会は一見進歩したように見えますが、実は現代の社会にあっても人種、宗教による差別は今も、なくなっていないことが、連日のニュースで数々報道されていることは、ご承知の通りです。世界平和実現のため、この人類の大理想がこめられている校歌を我々オール拓大人は、誇りとして大切にし、歌っています。難しい歌詞ですが辞書を引き意味も理解して、歌えるようになって下さい。そして、是非、皆さんにも、この世から差別を無くす心を本校で養ってもらいたいと思います。思ってもみない理不尽なことが起こるのが現実の社会です。当たり前と思っていることが、急にそうでなくなることが多々あります。
4月4日近畿大学の入学式で音楽プロデューサーつんくさん(46歳)が、公表した声帯摘出のことと後輩へのメッセージに心が震えました。
この入学式のプロデュースを担当されたつんくさんのメッセージが、会場のモニターに映し出され、壇上に登場しました。すでに知っている人もあると思いますが、ここでその要旨を紹介します。
入学おめでとうございます。なぜ、今、私は声にして祝辞を読み上げることが出来ないのか。それは、私が声帯を摘出したからです。去年から喉の治療をしてきましたが、結果的にがん(癌)が治りきらず、一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選びました。また振り出しです。
そんな私に「近畿大学の入学式のプロデュースをお願いしたい。」と依頼がありました。その時に思いました。「ああ、この大学を卒業してよかったな。こんな私がお役に立てるなら精一杯頑張ろう。」私も声を失って歩き始めたばかりの1回生。皆さんと一緒です。こんな私だから出来ること。こんな私にしかできないこと。そんなことをこれから考えながら生きていこうと思います。皆さんもあなただから出来ること。あなたにしかできないこと。それを追求すれば、学歴でもない、成績でもない、あなたの代わりでは無理なんだ、という人生が待っていると思います。
仲間や友人をたくさんつくり、世界に目を向けた人生を歩んで下さい。私も皆さんに負けないように、新しい人生を進んでいきます。
「ああ 良かった」と思える大学生活をセルフプロデュースして下さい。そして、今日のこの出会いに感謝します。ありがとう。」
 ものすごくインパクトの強いメッセージで新入生は、ショックを受けたでしょうが、同様に何があっても頑張らなければと言う、前向きな気持ちで運命を受け入れることが大切です。この場にあった新入生は、心が奮い立ったことでしょう。
入学式にあたり、「学校に誇りをもち 自分を大切に日々精進・努力し 差別しない心を養い 良き友人と交わり 将来、立派な大人になって欲しい」と申し上げました。
 どうぞ、実り多い学園生活を送って下さい。
最後になりましたが、本日ご多忙の中、ご臨席賜りましたご来賓の皆様にも、新入生をはじめ本校の生徒諸君を引き続き温かく、お見守り下さいますようお願い申し上げます。

1  2  3  4 [1/4] 最後へ>>

拓殖大学第一高等学校 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南4-64-5 TEL 042-590-3311 (代表) FAX 042-590-3211
COPYRIGHT(C) Takushoku University Daiichi High School. ALL RIGHTS RESERVED.