TOPICS トピックス一覧
トップページ | トピックス一覧

最新ニュース

救命講習受講優良証

掲載日:2017/01/06カテゴリー:お知らせ

kyuumei201612.jpg

「英語の先生の情報誌」に掲載

掲載日:2016/12/24カテゴリー:お知らせ

eugo2016.png

 

 

一学年対象「教養講座」開催

掲載日:2016/12/22カテゴリー:お知らせ
平成28年度 一学年対象「教養講座」開催
 
北朝鮮拉致問題研究の第一人者 荒木 和博先生
一年生を対象に「教養講座」を開催
 
テーマ:日本と朝鮮半島について考える
拓殖大学 海外事情研究所 教授 荒 木 和 博 先生
(特定失踪者問題調査会代表・予備役ブルーリボンの会の代表など)
 
平成28年12月21日(水)に本校の1年生を対象に多目的ホールで「めぐみ」の上映会&教養講座を開催しました。1年生409名に加え、教職員も聴講しました。
冒頭、河田昌一郎校長から本日は拓殖大学の荒木和博先生をお招きして教養講座を行う旨の挨拶があり、講座が始まりました。まず、堀渕陽平1学年主任から荒木先生の紹介がありました。
荒木先生は、1997年4月拓殖大学海外事情研究所に奉職され、2004年10月教授に就任し、大学院生を主に指導されています。先生は特定失踪者問題調査会や予備役ブルーリボンの会の代表も務めています。学生時代から朝鮮半島について研究され、その成果を著書や論文として数多く発信しています。
特に南北朝鮮の政治・軍事及び安全保障問題を中心とした日本との関係について、単なる机上の研究に留まらずフィールドワークを重視する研究者として活躍されており、朝鮮半島研究の第一人者です。
本日、荒木先生からその活動などについてご講演をいただく機会を得たことは、高校生にとって貴重な時間になると考えています。
 
以下、ご講座の要旨を紹介します。
北朝鮮の工作員による拉致は、悪いこと(行為)をしているとはまったく思って(考えても)いない。
工作員に目を付けられて拉致される。
拉致は、海岸線に多いと言われているが、そうでもない。場所に関係なくどこでも起きる。(めぐみさんも海岸から350メートのところで拉致されている。)
特定失踪者問題調査会の調査では、約470名が拉致されている。(チラシ参照)
これまで5人が日本に帰ったが、何故、北朝鮮について語らないか。それは、自分が話したら自分の話に耐えられないからです。
(例えば、2年前の12月に張 成沢(チャン ソンテク)北朝鮮国防委員会副委員長が処刑されたが、公開の場で銃殺されている。恐らく機関銃で影も形も無いまでに滅多打ちになっている。このような処刑は、日常茶飯事で行われている。)
拉致は、場所、時間等に関係なく起こる。むやみに個人情報を他人に教えてはならない。(油断大敵です。あなたと乗り合わせた電車内に工作員が乗り込んで、目をつけられているかも知れない。(拉致は、証拠も残さずできてしまう卑劣な行為なのです。)
ラインの情報もどこで読み取られているか分からない。できる限り使わないこと。書き込みもしないこと。(載せない。書き込まない。応答しない。)工作員は、「自爆(自決・自害)」という科目の教育を受けている。
最後に朝鮮半島に興味、関心を持って欲しい。人としての生き方、命、絆の大切さを考えて欲しい。
自分の安全は自分で守る。相手(友人など)のことも大切にして下さい。と締めくくられました。

「総長講話」二年生対象

掲載日:2016/12/22カテゴリー:お知らせ
平成28年度 「総長講話」二年生対象
 
テーマ:世界の動きと明日の生き方
講 師:拓殖大学総長・拓殖大学桂 太郎塾 塾長  森 本  敏 先生
 
平成28年12月20日(火)2年生を対象に「総長講話」を本校の多目的ホールで行いました。
 森本 敏総長は、本年3月に第19代拓殖大学総長に就任され、同じく4月から拓殖大学の創立者である桂 太郎公爵の志を継承するために創設された拓殖大学桂 太郎塾の塾長も務められています。ご多忙の中、本校へお越し頂き、総長講話を開催いたしました。
 世界の潮流 (1)グローバル化(地球的規模の諸問題の光と影)光=情報、交流、技術、経済協力、開発など、影=テロ、犯罪、難民、格差、人権、環境など。影を減らし、安全を守る(作る)。
 (2)第4次産業革命=人工頭脳、無人システム、起業、高度情報化などによって3~40年後には、現在の職業の40%以上が無くなる。将来を(読む)見据える力を養うことが肝要。
 これからの生き方 自己の目標を追求し、専門知識、特殊技能、新たな価値観を創出し、地域の伝統を維持、継承し、地にしっかり根を張る。そのためには、歴史、伝統、風習などに何故、どうしてと言う疑問を持ち、これを調べ、研究し、理解して、自分の身につける。これらによって更に意思疎通の技術を身につけ、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を高めること。その内容は、興味深く、非常に内容の濃い90分間の講話でした。
森本総長が最後に一言「1年先を展望、想像、予想するためには、10年遡れ。過去を知る。歴史を知ること。」と締め括られました。
総長におかれましては、世界中を飛び回られている中、誠にありがとうございました。

平成30年度教育実習の申込みについて

掲載日:2016/12/16カテゴリー:お知らせ
H30年度の教育実習の申し込みについて、お知らせ致します。
 
申し込み受付期間
  平成29年 1月10日(火)~4月15日(土)
【日曜・祝日除く】要、予約
平日 午前9:00~午後4:30
    土曜 午前9:00~午後2:00
申し込み希望・問い合わせは、総務部 教育実習担当まで、連絡をして下さい。
 
実習の内諾決定は5月下旬から6月初旬となりますので、ご了承下さい。
H29年5月初旬、教職教養(筆記)および面接試験を実施致します。
拓殖大学第一高等学校 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南4-64-5 TEL 042-590-3311 (代表) FAX 042-590-3211
COPYRIGHT(C) Takushoku University Daiichi High School. ALL RIGHTS RESERVED.