TOPICS トピックス一覧
トップページ | トピックス一覧

最新ニュース

新型コロナウイルスに関連した感染症の対応について

掲載日:2020/02/21カテゴリー:お知らせ

令和2年2月20日


生徒諸君、保護者の皆様へ


拓殖大学第一高等学校
校長 宮川 努

新型コロナウイルスに関連した感染症の対応について


日頃より、本校の教育活動にご理解ご協力いただきましてありがとうございます。
新型コロナウイルスによる感染症が拡大しています。日本国内においては、新型コロナウイルス感染症が「指定感染症」として定める等の政令が決定し、令和2年2月で施行されました。当該政令により指定感染症に指定されたため、新型コロナウイルス感染症は「学校保健安全法に定める第一種感染症」とみなされます。
そのため、各学校の校長は、当該感染症にかかっている又は、かかっている疑いのある生徒等があるときは、学校保健安全法に定める第一種感染症として、治癒するまで出席を停止させることができます。
また、新型コロナウイル感染予防のために、各ご家庭でも感染予防対策にご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

【一人一人ができる感染症予防対策にご協力ください】
*手洗い・うがいをこまめに行いましょう  
※とくに手洗いは石鹸を使った方が有効です
*咳がある場合は、必ずマスクを着用してください (咳エチケット)
*マスクがなく咳をする場合には、口や鼻をティッシュで覆うなど咳エチケットを守りましょう
*朝、体調が悪い人は登校前に必ず体温を測ってください。
*37.5℃以上の発熱がある場合は、登校せず自宅療養してください。

~参考~
厚生労働省HPより
「新型コロナウイルスを防ぐには」
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596861.pdf


以上

吹奏楽部 第1回ニューイヤーコンサート

掲載日:2020/01/11カテゴリー:お知らせ

 

拓殖大学第一高等学校吹奏楽部 第1回ニューイヤーコンサート

日時:2020年1月18日(土) 17:30開場、18:00開演

場所:ハミングホール(東大和市民会館)大ホール

 

令和2年度(理科 地理歴史 保健体育科 外国語科)非常勤講師募集 再掲載(内容変更有)

掲載日:2020/01/11カテゴリー:お知らせ
非常勤講師:各教科1名
 
担当時間数:週6~16時間程度
 
 
 
理科(物理を担当できる方)
 
地理歴史科
 
保健体育(男女各1名)
 
外国語科(英語を担当できる方)
 
 
 
 
 
※詳細は下記PDFを参照して下さい
 
関連資料:bosyuu20200111.pdf

2021年度 教育実習申込みのお知らせ

掲載日:2020/01/07カテゴリー:お知らせ

2021年度の教育実習の申し込みについて、お知らせ致します。

申し込み受付期間
2020年1月9日(木)~4月18日(土)
【日曜・祝日除く】要、予約
平日   午前9:00~午後4:00 / 土曜  午前9:00~午後1:30

申し込み希望・問い合わせは、総務部 教育実習担当まで、連絡をして下さい。

実習の内諾決定は5月下旬(予定)となりますので、ご了承下さい。
2020年5月上旬、教職教養(筆記)および面接試験を実施致します。
申し込みの人数によって、教科に偏りがある場合、選抜試験になります。
教育実習は2021年5月中下旬からの3週間を予定しています。

担当  総務部  荒谷・小嶋・村田

「総長講話」開催

掲載日:2019/12/25カテゴリー:お知らせ

「総長講話」開催

拓殖大学 総長 森 本  敏 先生

テーマ:高校生のあり方・生き方 ―世界と日本の変化の中で―

 令和元年12月19日(木)に本校の2年生を対象に多目的ホールにおいて総長講話を開催しました。
 まず木村直史2学年主任から森本総長の紹介がありました。
 総長は、防衛大学校理工学部を卒業し、防衛庁に入省され、昭和54年外務省に入省(在米日本大使館一等書記官、情報調査局安全保障政策室長などを務められました。)、一貫して安全保障の実務を担当。専門は、安全保障、軍備管理、防衛問題、国際政治です。
 その後、平成4年野村総合研究所主席研究員を務め、慶應義塾大学、中央大学、政策研究大学院大学などの講師等を経て、平成12年に拓殖大学国際学部教授、同大学海外事情研究所所長、特任教授を歴任され、平成21年8月初代防衛大臣補佐官、平成24年6月には、民間人として初めて第11代防衛大臣に就任されました。
 平成28年3月から拓殖大学総長に就任され、平成29年8月から約1年間、防衛大臣政策参与も務めていました。

 

講話の要旨
 戦後、東西冷戦が国際社会の枠組みとなっていたが、冷戦崩壊後、30年が経過したが、新しい国際政治、社会の枠組みがはっきりしていない。
 2020年東京オリンピック開催の年となるが、前回東京オリンピック開催を契機にその後、社会で新しく変わった主なことは、カラーテレビの普及、新幹線の開通等あったが、今回どのような変化があるか想像しにくいが、ハード面ではなく、ソフト面で画期的な変化が考えられるのではないか(例えば5Gの世界での携帯による家電等操作できることなど)。
 変化していく社会の中で、本当の学問の基礎はどこにあるかを目標としてほしい。そのためには、自分の身の回りなどをいつも気にかけ、足らないものは何か、何か発見はないかなど考え、人のものまねでない自分を作ること。
 いかに生きていくか、基礎力は勉強しないと身につかない。それを身につけるための大学である。
 また、アジアや他国との関わりのなかで、日本の歴史(近代史)を学び歴史観を持っておく。高校でできることはしっかりと学び、大学では更に視野を広げ自分らしさを作ること。自分らしい趣味をもつことなどは人を豊かにしていく。
 社会に生きているので、人と助け合い、理解し、協調しながら生きて行くことが大切である。
 

拓殖大学第一高等学校 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南4-64-5 TEL 042-590-3311 (代表) FAX 042-590-3211
COPYRIGHT(C) Takushoku University Daiichi High School. ALL RIGHTS RESERVED.