TOPICS トピックス一覧

お知らせ

<<最初へ <前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 [5/19] 最後へ>>

平成29年3月24日 離任式

掲載日:2017/03/25カテゴリー:お知らせ
平成29年3月24日 3学期終業式後の離任式
 
 3学期の終業式に引き続き、離任式が行われました。本年度末で離任される先生方は、
 10名です。本当にお世話になりました。有り難うございました。
     
 離任に当たり各先生方に花束が贈呈され、挨拶がありました。このうち校長の挨拶(抜粋)を掲載します。
 
離任にあたり
(抜 粋)
 平成16年4月、玉川上水(武蔵村山市大南)へ全面移転したばかりの拓殖大学第一高等学校に赴任し、丸13年間勤務させて頂きました。この間ご関係の皆様にお力添えを頂き、お世話になりました。お蔭様で無事、任務を果たすことが出来ましたこと心から感謝致しております。
 この新しい校地、校舎は、西武拝島線と多摩都市モノレールの交差する好位置、その駅前と言う「地の利」。着任後、団塊の世代のベテラン教員が次々に退職し、経験の力は失った面はあるものの、一方で溌剌とした情熱溢れる若い教師陣を得たと言う「時の助け」。そして平成20年には、本校の創立60周年を迎え、教職員、生徒、保護者、卒業生の心がひとつとなった「人の和」と良いことが重なり、天のめぐりあわせか、幸運に恵まれ学校が順調に発展出来たものと思います。立派な校舎が建設され、教育の設備環境も整った中で学ぶ生徒諸君の明るさ、逞しさ、マナーの良さに加え、気持ちの好い挨拶が交わされ、本校を訪れる多くの皆様と近隣の方々から誉めて頂きました。花小金井校舎の時代から「近隣に敬愛される学園」を目標にしていた本校にとって、新しく移転した土地での好い評価は、ありがたく嬉しいことでした。
 生徒全員が集まる機会(入学式、始業式、全校集会、終業式、体育祭、合唱コンクール、マラソン大会、卒業式など)には、志願した生徒が指揮とピアノの伴奏を担当し、校歌を三番まで歌います。
教職員の集り、そして卒業生の会である校友会総会で、PTA、後援会の集まりでもみんなで校歌を斉唱します。
本校の校歌は大学、短大と同一で、大正8(1919)年に、拓殖大学創立20周年を記念し、全校から歌詞を募集し、制定されたものです。建学の精神を現わすこの校歌は、オール拓大人の誇りです。これからも、いつまでもみんなで歌い継がれていくことでしょう。あと30年ちょっとで迎える本校の創立百周年、関係者で声高らかに校歌を唄う姿が見えるようでうす。
 21世紀になり、科学技術は益々発展し、通信手段、輸送手段が進化し、ロボット、ドローン、IT、人工知能など目覚しい進歩に驚かされ続けています。日々世界・社会は大きく変貌していくこれからの時代を生きる高校生への指導は、「そんな未来を若者が間違いなく逞しく生きていくための学び」を意識し、通用する知識と智恵を授ける必要があります。加えて大切なのは、丈夫な身体と心です。素直で謙虚に、ひとにやさしく、思いやりの心を持つ「人間性を豊かに」する教育こそが大切だと思います。これまで私たちが大切にしてきた考え方「生徒一人ひとりを親友の息子さん娘さんを預かっている」「保護者を親友と思い親友に顔向け出来ないことはしない」と言う、強い思いを持って教育にあたれば、生徒、保護者からの信頼を得て、本校は輝き続けること間違いありません。
生徒諸君と保護者の方々からは、拓大一高に入学、卒業し、させて良かったと言われ、我々教職員も生徒の成長を手助け出来て、良い先生、同僚とこの誇れる仕事が出来て良かったと思える学校であり続けて頂きたいと願っています。
「膏雨ひとしく湿さば 磽确やがて花咲かむ」です。
拓大一高の限りない弥栄を心からお祈り申し上げます。
 自分自身、思ってもみなかった母校の校長就任でしたが、お蔭様で愛しい生徒諸君と一緒に過ごせた幸わせで愉快な13年間でした。
お世話になりましたこと、心から感謝しております。
ありがとうございました。
                                  拓殖大学第一高等学校
                                  校 長 河田 昌一郎

第27回吹奏楽部定期演奏会のお知らせ

掲載日:2017/03/03カテゴリー:お知らせ
平成29年度の定期演奏会を次の要領で開催させていただきます。
 
【イベント名】第27回拓殖大学第一高等学校吹奏楽部定期演奏会
【日      時】2017年(平成29年)6月10日(土)
【時      間】開場:17:30(予定) 開演:18:00(予定)
【場      所】ルネ小平 ※西武新宿線小平駅南口徒歩3分
 ※入場無料
 
みなさまに満足していただけるような素晴らしい演奏会にします。
多くの方々と会場でお会いできるのを楽しみにしています。

MERCEDES COLLEGEの校長先生来校

掲載日:2017/02/22カテゴリー:お知らせ
   2月21日(火)にMERCEDES COLLEGEの校長のDaw先生と国際マーケッティング・コーディネーターのLeeanneさんが来校されました。MERCEDES COLLEGEはオーストラリア中南部のアデレードという都市に位置する私立高校です。また、本校のターム留学候補校の一つとなっています。来校の目的は本校との友好を深めることと、日本の高校現場の視察でした。本校の施設を見学された後でDaw先生に感想をうかがうと、校舎の美しさ、施設の充実さ、なにより生徒の授業態度や礼儀正しさに強い印象を受けたとのことでした。今後もMERCEDES COLLEGEとの交流を良い形で続けていければと思いました。Daw先生、Leeanneさんありがとうございました。
 

救命講習受講優良証

掲載日:2017/01/06カテゴリー:お知らせ

kyuumei201612.jpg

「英語の先生の情報誌」に掲載

掲載日:2016/12/24カテゴリー:お知らせ

eugo2016.png

 

 

一学年対象「教養講座」開催

掲載日:2016/12/22カテゴリー:お知らせ
平成28年度 一学年対象「教養講座」開催
 
北朝鮮拉致問題研究の第一人者 荒木 和博先生
一年生を対象に「教養講座」を開催
 
テーマ:日本と朝鮮半島について考える
拓殖大学 海外事情研究所 教授 荒 木 和 博 先生
(特定失踪者問題調査会代表・予備役ブルーリボンの会の代表など)
 
平成28年12月21日(水)に本校の1年生を対象に多目的ホールで「めぐみ」の上映会&教養講座を開催しました。1年生409名に加え、教職員も聴講しました。
冒頭、河田昌一郎校長から本日は拓殖大学の荒木和博先生をお招きして教養講座を行う旨の挨拶があり、講座が始まりました。まず、1学年主任から荒木先生の紹介がありました。
荒木先生は、1997年4月拓殖大学海外事情研究所に奉職され、2004年10月教授に就任し、大学院生を主に指導されています。先生は特定失踪者問題調査会や予備役ブルーリボンの会の代表も務めています。学生時代から朝鮮半島について研究され、その成果を著書や論文として数多く発信しています。
特に南北朝鮮の政治・軍事及び安全保障問題を中心とした日本との関係について、単なる机上の研究に留まらずフィールドワークを重視する研究者として活躍されており、朝鮮半島研究の第一人者です。
本日、荒木先生からその活動などについてご講演をいただく機会を得たことは、高校生にとって貴重な時間になると考えています。
 
以下、ご講座の要旨を紹介します。
北朝鮮の工作員による拉致は、悪いこと(行為)をしているとはまったく思って(考えても)いない。
工作員に目を付けられて拉致される。
拉致は、海岸線に多いと言われているが、そうでもない。場所に関係なくどこでも起きる。(めぐみさんも海岸から350メートのところで拉致されている。)
特定失踪者問題調査会の調査では、約470名が拉致されている。(チラシ参照)
これまで5人が日本に帰ったが、何故、北朝鮮について語らないか。それは、自分が話したら自分の話に耐えられないからです。
(例えば、2年前の12月に張 成沢(チャン ソンテク)北朝鮮国防委員会副委員長が処刑されたが、公開の場で銃殺されている。恐らく機関銃で影も形も無いまでに滅多打ちになっている。このような処刑は、日常茶飯事で行われている。)
拉致は、場所、時間等に関係なく起こる。むやみに個人情報を他人に教えてはならない。(油断大敵です。あなたと乗り合わせた電車内に工作員が乗り込んで、目をつけられているかも知れない。(拉致は、証拠も残さずできてしまう卑劣な行為なのです。)
ラインの情報もどこで読み取られているか分からない。できる限り使わないこと。書き込みもしないこと。(載せない。書き込まない。応答しない。)工作員は、「自爆(自決・自害)」という科目の教育を受けている。
最後に朝鮮半島に興味、関心を持って欲しい。人としての生き方、命、絆の大切さを考えて欲しい。
自分の安全は自分で守る。相手(友人など)のことも大切にして下さい。と締めくくられました。

「総長講話」二年生対象

掲載日:2016/12/22カテゴリー:お知らせ
平成28年度 「総長講話」二年生対象
 
テーマ:世界の動きと明日の生き方
講 師:拓殖大学総長・拓殖大学桂 太郎塾 塾長  森 本  敏 先生
 
平成28年12月20日(火)2年生を対象に「総長講話」を本校の多目的ホールで行いました。
 森本 敏総長は、本年3月に第19代拓殖大学総長に就任され、同じく4月から拓殖大学の創立者である桂 太郎公爵の志を継承するために創設された拓殖大学桂 太郎塾の塾長も務められています。ご多忙の中、本校へお越し頂き、総長講話を開催いたしました。
 世界の潮流 (1)グローバル化(地球的規模の諸問題の光と影)光=情報、交流、技術、経済協力、開発など、影=テロ、犯罪、難民、格差、人権、環境など。影を減らし、安全を守る(作る)。
 (2)第4次産業革命=人工頭脳、無人システム、起業、高度情報化などによって3~40年後には、現在の職業の40%以上が無くなる。将来を(読む)見据える力を養うことが肝要。
 これからの生き方 自己の目標を追求し、専門知識、特殊技能、新たな価値観を創出し、地域の伝統を維持、継承し、地にしっかり根を張る。そのためには、歴史、伝統、風習などに何故、どうしてと言う疑問を持ち、これを調べ、研究し、理解して、自分の身につける。これらによって更に意思疎通の技術を身につけ、プレゼンテーション能力、コミュニケーション能力を高めること。その内容は、興味深く、非常に内容の濃い90分間の講話でした。
森本総長が最後に一言「1年先を展望、想像、予想するためには、10年遡れ。過去を知る。歴史を知ること。」と締め括られました。
総長におかれましては、世界中を飛び回られている中、誠にありがとうございました。

第7回拓殖大学第一高等学校正道杯中学生剣道大会

掲載日:2016/12/13カテゴリー:お知らせ

kendo201612.jpg

ターム留学 報告

掲載日:2016/11/25カテゴリー:お知らせ

ryuugaku2016 11.jpgryuugaku201611-10.jpgryuugaku2016 -11.jpgryuugaku201611-12.jpg

平成28年度 「拓殖大学国際学部の留学生との国際交流」

掲載日:2016/11/21カテゴリー:お知らせ
平成28年度 拓殖大学国際学部の留学生との国際交流会」を行ないました
 
「拓殖大学国際学部の留学生との交流会」を11月12日(土)に開催しました。平成16年度に本校が玉川上水に移転して10周年を迎え、その記念行事の一環として行なって以来、4回目を迎えました。これも偏に拓殖大学国際学部福田惠子先生のご尽力で、今年も8名の留学生(韓国、ベトナム、アメリカ、中国)が来校し、本校のESS部の生徒が中心となって、楽しく、愉快な時間を過ごしました。
  留学生たちは、日本の高校生と初めて話しが出来てとても嬉しく思います。
来年も是非、このような機会を作って頂き、参加したい。などの感想が多く聞かれました。
  生徒たちは、来日されてまだ日が浅いのにも関わらず、日本語の上達が早いのに驚きました。とても有意義な時間を過ごすことができました。などの感想が数多く寄せられました。
1年2組 大野 さくらさんの感想
私たち高校生の立場では、留学や旅行など外国の方々と触れ合うことが簡単ではないので、この機会を設けていただき、とても参加して良かったと思いました。
  当日のスナップと集合写真をご覧ください。

<<最初へ <前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 [5/19] 最後へ>>

拓殖大学第一高等学校 〒208-0013 東京都武蔵村山市大南4-64-5 TEL 042-590-3311 (代表) FAX 042-590-3211
COPYRIGHT(C) Takushoku University Daiichi High School. ALL RIGHTS RESERVED.