新型コロナウィルス対策

コロナ禍における拓一の対応

コロナ禍の感染拡大は、教育界にも大きな影響を及ぼしています。緊急事態宣言等により全国的に休校が余儀なくされた際には、各校で対応が分かれましたが、拓一では早急にオンライン授業に切り替えて、生徒の学びを止めない取り組みを実施しました。また、登校が再開してからも、徹底した感染防止対策を行っています。マスク着用はもちろん、全教室に換気用ダクトが設置されており、さらに、その日の気温・気候に応じて窓の開け閉めなどで換気を実施。各教室に加湿器を設置し、消毒液も常備しています。一日終了後には担任が教室で生徒の机と椅子を消毒します。校内にはWi-Fiを完備し、今後、再度休校となる場合もリアルタイムのオンライン授業を行う体制が整っています。

本校のホームページに使用している写真は、過年度のものと感染対策を行った上で撮影したものを使用しております。

Pick up

コロナ禍での文化祭
昨年度はコロナ禍の中で中止も考えられた拓高祭でした。教員みんなの「生徒のために何とか実施を」という思いから、来校者なし、生徒も分散登校の形式で実施しました。展示としては全学年、各クラスで工夫を凝らした動画を作成。Tシャツや垂れ幕を作るクラスも多く、クラデミー賞で大いに盛り上がりました。また生徒会の企画で、様々な色の風船に1、2年生が受験応援メッセージを書いた「スカイバルーン」をエントランスに吊るし、当日まで知らなかった3年生は感動でいっぱいに!拓一生のパワーとあたたかさが結集した文化祭になりました。

Pick up

生徒発案の新型コロナウィルス対策
新型コロナウィルス対策で、生徒諸君の提案を採用し、流し場にハンドソープを設置いたしました。
保健委員の諸君の協力を要請して管理いたします。