校長メッセージ

明確な目標を持つことが
充実した高校生活のカギになる

学校長宮川 努

 拓殖大学第一高等学校で身につけてほしい力、それは卒業後もずっと幸せに生きていく力です。本校の教育方針である 「心身ともに健全で、よく勉強し、素直で思いやりある青年を育成する」ことを実践し、その力を身につけてもらいます。
 拓大一高の学校生活は入学してすぐ「将来の自分」を思い描き、各自の目標を明確にしていくことからスタートします。目標こそが充実した濃い3年間につながると確信しているからです。そして目標達成のための土台となる勉強に関しては、しっかりと指導します。留学や先進的な英語プログラムなど語学指導に力を入れているのも拓大一高の伝統です。
 とはいえ、拓大一高はけっして勉強だけの学校ではありません。生徒はクラブ活動や委員会活動、学校行事にも一生懸命取り組んでいます。約1300名という多くの生徒が集う学校だからこそ、多様な個性の中で自らを磨き将来につながる力を培うこともできるでしょう。
 拓大一高には、すべての生徒が自分の新しい扉を開くことができるたくさんのチャンスがあります。ぜひここで私たちと一緒に青春を謳歌し、次のステップに進む足掛かりにしてください。